メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第7部 あいおいニッセイ同和損保/14 原点痛感「不払い問題」

保険金の不払いについて会見する児玉正之・あいおい損害保険社長=東京都中央区で2006年9月29日、森田剛史撮影

 「社長、大変です。他社で保険金の支払い漏れがあり、マスコミが動き出しています」。2005年7月、あいおい損害保険(現あいおいニッセイ同和損保)社長だった児玉正之(70)は、東京都内の中華料理店で部下から耳打ちされた。さっそくあいおいでも調べると、事故の相手を見舞う際の菓子折り代を補償する自動車保険の特約で、「契約者から請求がない」との理由で保険金を払っていない事案が見つかった。のちに社会問題化して損保業界を揺るがす「不払い問題」の始まりだった。

 背景には、1998年の自由化に伴う競争激化があった。横並びだった保険商品が自由化され、各社は競い合…

この記事は有料記事です。

残り884文字(全文1159文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  4. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです