メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第7部 あいおいニッセイ同和損保/14 原点痛感「不払い問題」

保険金の不払いについて会見する児玉正之・あいおい損害保険社長=東京都中央区で2006年9月29日、森田剛史撮影

 「社長、大変です。他社で保険金の支払い漏れがあり、マスコミが動き出しています」。2005年7月、あいおい損害保険(現あいおいニッセイ同和損保)社長だった児玉正之(70)は、東京都内の中華料理店で部下から耳打ちされた。さっそくあいおいでも調べると、事故の相手を見舞う際の菓子折り代を補償する自動車保険の特約で、「契約者から請求がない」との理由で保険金を払っていない事案が見つかった。のちに社会問題化して損保業界を揺るがす「不払い問題」の始まりだった。

 背景には、1998年の自由化に伴う競争激化があった。横並びだった保険商品が自由化され、各社は競い合…

この記事は有料記事です。

残り884文字(全文1159文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 廃車「プリウス」の部品活用 秋田のベンチャーが小型発電機販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです