メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ニホンゴ」を話す村で

台湾タイヤル族/中 「根源」、翻弄され続け

 日本語とタイヤル語の接触で生まれた「ニホンゴ」(宜蘭(ぎらん)クレオール)が話されている台湾北東部・宜蘭県澳花(おうか)村。澳花小学校では子供たちがタイヤル語の授業を受けていた。

 「『クルラカ』は何?」。教師のヤブン・トリさん(69)が問いかけると、児童たちはいっせいに「飛機(フェイジー)(飛行機)!」。授業で使うのは中国語だ。

 台湾では学校教育で中国語が使われ、タイヤル語など先住民言語を話せる人は減っている。後世に引き継ぐた…

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1072文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 毎日放送 女性社員、同僚男性に盗撮されたと被害届
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです