メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米アップル

強い 時価総額1兆ドル突破 iPhone、アプリ 新たな目玉は乏しく

アップルの歩みと株価推移

 【ワシントン清水憲司】米アップルの時価総額が2日、米企業として初めて1兆ドル(約111兆円)を突破した。主力のスマートフォン「アイフォーン(iPhone)」と、それを土台にしたアプリ販売などサービス事業の成長が歴史的な大台超えを後押しした。

 2日のニューヨーク株式市場で、アップル株の終値は前日比2・9%上昇の207・39ドルとなり、時価総額は1兆ドル強に達した。今年に入り約2割の上昇で、7月31日発表の2018年4~6月期決算が好調だったことを受け、一段と株価が上昇した。時価総額1兆ドルは、中国国営石油会社の中国石油天然気(ペトロチャイナ)が07年に一時的に達成したが、その後は株価が急落した。

 創業者スティーブ・ジョブズ氏の死後、アップルを率いるティム・クック最高経営責任者(CEO)は、アイ…

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文1109文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. JOC橋本聖子副会長が池江璃花子選手に言及「神様が体使って、伝えてきた」
  5. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです