メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

対米報復、限界近く 輸入額の8割超に

 【北京・赤間清広】中国政府は3日、新たに600億ドル分の米国製品に高関税を課す方針を表明した。米国が準備を進める中国製品2000億ドル相当の制裁措置に比べると報復規模は小さいものの、すでに表明済みの報復措置を含めると米国からの総輸入額の8割を超えることになる。

 米国は既に一部を発動済みの500億ドル規模の対中制裁に続き、2000億ドル規模の中国製品に25%の追加関税を課す方針。2017年の中国からの年間輸入総額は5050億ドルで、すべて発動すれば約半分が対象となる。

 一方、中国の米国からの輸入規模は年間1300億ドル程度で、米国と同規模の報復措置を発動することがで…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文631文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
  4. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  5. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです