メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

対米報復、限界近く 輸入額の8割超に

 【北京・赤間清広】中国政府は3日、新たに600億ドル分の米国製品に高関税を課す方針を表明した。米国が準備を進める中国製品2000億ドル相当の制裁措置に比べると報復規模は小さいものの、すでに表明済みの報復措置を含めると米国からの総輸入額の8割を超えることになる。

 米国は既に一部を発動済みの500億ドル規模の対中制裁に続き、2000億ドル規模の中国製品に25%の追加関税を課す方針。2017年の中国からの年間輸入総額は5050億ドルで、すべて発動すれば約半分が対象となる。

 一方、中国の米国からの輸入規模は年間1300億ドル程度で、米国と同規模の報復措置を発動することがで…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文631文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです