メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2018夏 必ず核なき世界を

夏空の下で平和への思いを語る児童文学作家の那須正幹さん=山口県防府市で7月24日

 広島、長崎への原爆投下から73年を迎える。この1年、核を巡る大きな動きがあった。被爆者と連帯し、核兵器禁止条約の採択に貢献した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」がノーベル平和賞を昨年受賞。一方、今年6月には史上初の米朝首脳会談が実現し、朝鮮半島の完全な非核化へ合意した。国際情勢は予断を許さないが、被爆者は未曽有の苦しみを味わったゆえ「核なき世界」の実現を強く願う。その声に耳を傾け、伝え、未来を築きたい。【ヒバクシャ取材班】

この記事は有料記事です。

残り4663文字(全文4886文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 毎日放送 女性社員、同僚男性に盗撮されたと被害届
  5. はやぶさ2 小型探査ロボット2台投下 小惑星に向け

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです