メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バドミントン

世界選手権 メダル最多「6」

園田、嘉村組/永原、松本組/米元、田中組/福島、広田組/山口/桃田

 【南京・共同】バドミントンの世界選手権第5日は3日、中国の南京で各種目の準々決勝が行われ、日本勢はシングルスで男子の桃田賢斗(NTT東日本)と女子の山口茜(再春館製薬所)、ダブルスで男女4組が勝ち、銅メダル以上を確定させた。世界選手権のメダル6個獲得は、日本勢にとって前回の4個を上回る史上最多。

 桃田はインド選手に2-0で快勝し、山口は中国選手に2-1で競り勝った。前回覇者の奥原希望(日本ユニ…

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文810文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  3. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  4. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  5. 新潮45 杉田氏擁護特集 社長「常識を逸脱」 明確な謝罪なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです