メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オウム真理教

裁判記録、永久保存 「犯罪研究の重要資料」

 オウム真理教事件の約190人分の刑事裁判記録について、法務省は重要記録にあたる「刑事参考記録」として永久保存する方針を決めた。教団元代表の松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚ら13人の死刑執行手続きに関する文書(保存期間は10年)も無期限に保存する。刑事参考記録の対象事件を明らかにしたのは初とみられる。

 3日の閣議後記者会見で上川陽子法相は「犯罪に関する調査研究の重要な参考資料になり得る」と説明。記録は現在、検察庁が保管し…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文528文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
  2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
  4. 大阪地裁 たこ焼き店脱税、起訴内容認める 初公判
  5. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです