メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU離脱

生徒減る?英国の英語学校ヤキモキ 

「日本人スタッフ(右)も採用し、日本からの学生の募集にも力を入れている」と話すアナベラ・バロス代表=ロンドン北部の英語学校「ナセル・イングリッシュスクール」で、矢野純一撮影

 【ロンドン矢野純一】2016年の国民投票で欧州連合(EU)からの離脱を決めた英国で、英語語学学校が先行きに不安を募らせている。EU圏内から受け入れている年間20万人以上の生徒が、離脱でEUと自由に行き来することができなくなる可能性が高いためだ。想定されるEU圏内からの生徒減に対応すべく、てこ入れを図るのはEU圏外の生徒獲得。日本市場もターゲットのひとつで、日本語を話すスタッフを増員する語学学校もある。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. 韓国、日本に検証を改めて要請 レーダー照射問題
  3. 韓国、「威嚇飛行」の画像公開 レーダー測定高度も
  4. 大坂が日本勢初の決勝進出 全豪テニス
  5. 防衛省 にじみ出る不快感 レーダー照射問題

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです