メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知的障害者サッカー

「もうひとつのW杯」17人臨む

サッカーのJ3の試合のハーフタイムに招かれ、世界選手権への意気込みを語る谷口選手(左)と原良田選手=鹿児島市与次郎2の白波スタジアムで2018年7月22日、林壮一郎撮影

 サッカーワールドカップ(W杯)と同じ年に開かれ「もうひとつのW杯」と呼ばれる国際知的障害者スポーツ連盟主催の「第7回INAS-FIDサッカー世界選手権」が5日にスウェーデンで開幕する。全国約7200人から選抜された日本代表は17人。前回2014年のブラジル大会で過去最高のベスト4入りを果たしており、目標は決勝進出だ。【林壮一郎】

 選手権は1994年にオランダで初開催され、日本は自国開催だった第3回大会(02年)で初出場した。今…

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文994文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  2. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. 日産会長逮捕 記載訂正長期化か 不正広範囲、精査に時間
  5. ゴーン会長逮捕 閉鎖の工場地元「人情ない人と思ってた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです