メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校総体

豪雨被災の愛媛・野村 団体で好発進

個人予選に出場した野村の由留部(左)=静岡県沼津市で2018年8月3日、飯山太郎撮影

 全国高校総体(インターハイ)は第3日。静岡県沼津市で始まった相撲には、西日本豪雨で被害を受けた愛媛県西予市野村町にある野村の選手が出場した。個人で由留部親吾(3年)が予選敗退したが、団体では予選の初戦で黒羽(栃木)に4-1で快勝。5日の決勝トーナメントに向けて好発進した。

 野村町は、江戸時代から続く「乙亥(おと…

この記事は有料記事です。

残り106文字(全文263文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日本テレビ イッテQ疑惑で大久保社長謝罪 祭り企画休止
  3. 日本テレビ イッテQやらせ疑惑で不適切演出認める
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです