メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトボール

日本がボツワナに大勝 世界選手権1次L

【日本-ボツワナ】3回無失点と好投した日本の先発・勝股=千葉県成田市で2018年8月3日、藤井達也撮影

 ソフトボール女子の世界選手権は第2日の3日、千葉県成田市のナスパ・スタジアムなど3会場で1次リーグ10試合が行われた。日本(世界ランキング2位)は5本塁打を放って20-0でボツワナ(同33位)に三回コールド勝ちし、2連勝とした。

 日本は一回、長崎(トヨタ自動車)の3ランで先制。二回は河野(太陽誘電)の2点打などで加点し、その後も攻撃の手を緩めなかった。先発の勝股(ビックカメラ高崎)は3回無失点と好投した。

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文679文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです