メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PGA Tour

[速報]バデリーが通算26ポイント単独首位(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

バラクーダ選手権 2日目

アーロン・バデリーが6バーディ、ノーボギーで12ポイントを獲得し、通算26ポイントで単独首位に浮上した Photo by Christian Petersen/Getty Images

PGAツアー第41戦 バラクーダ選手権/ネバダ州 モントリューG&CC

 リノ(ネバダ州)で開催されているバラクーダ選手権。日本人選手は出場していない。今大会はモディファイド・ステーブルフォード形式で開催されている。

 モディファイド・ステーブルフォード形式とは、イーグルが5ポイント、バーディが2ポイント、ボギーが-1ポイント、ダブルボギー以下が-3ポイントで加算し、最もポイントが多い選手が勝者となる。

 イーグルやバーディに多くの加点が配されているため、ストロークプレーよりも攻撃的なプレーが発揮される試合形式となっている。

MORE:バラクーダ選手権の最新スコアはここをクリック!

 2日目終了時点で首位に立ったのは、アーロン・バデリー(豪州)。14ポイント2位タイで2日目を迎え、6バーディ、ノーボギーで12ポイントを獲得。通算26ポイントで単独首位に浮上した。

 首位と1ポイント差の通算25ポイント2位に、初日首位発進のオリー・シュナイダージャンズ(米国)が続いている。

 首位と3ポイント差の通算23ポイント3位タイに、アンドリュー・パットナム(米国)、サム・ソーンダース(米国)、ジョン・メリック(米国)の3人が並んでいる。

 前年覇者のクリス・ストラウド(米国)は、7ポイント33位タイで2日目を迎え、5バーディ、1ボギー、1ダブルボギーで6ポイントを獲得。通算13ポイント33位タイにつけている。


情報提供:PGA Tour

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです