メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと・しずおか

選手への言葉の重み意識 ヤマハ野球部監督 室田信正さん(44) /静岡

 日に焼けた肌に笑顔が映える。柔らかい物腰と、じっくり考え、言葉を選びながら話す姿が印象的だ。7月にヤマハ野球部の新監督に就任した。要請があった時は、「びっくりした。『まさか自分が』という気持ちだった」と振り返る。

 野球を始めたのは小学2年生の時。実家の目の前が小学校で、そこで行われていた少年野球チームの練習を見ていたら、監督に誘われたという。ポジションは投手。星城高校(愛知)から、プロ野球選手を数多く輩出する名城大学(同)を経て、1996年にヤマハ入社。ヤマハでの現役時代は「守護神」として都市対抗大会に8回(うち補強1回)出場し、99年には4強入りに貢献した。

 社会人野球で活躍するまでには挫折もあった。大学時代はプロのスカウトから声がかかることもあったが、右…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 羽生の後でも乱れず チェン、圧巻の世界最高得点で2連覇
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  5. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです