メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

彩人旬人

レスリング世界大会で初V 藤波朱理選手 /三重

魂再燃させた父の助言 藤波朱理選手(14)

 「五輪チャンピオンになりたい」--。先月、クロアチアであったレスリングの世界カデット選手権の女子49キロ級で、いなべレスリングクラブ所属の四日市市立西朝明中3年、藤波朱理選手(14)=同市北山町=が初優勝した。父俊一さんはいなべ総合高レスリング部監督。兄は昨年の世界選手権男子フリースタイル70キロ級で銅メダルを獲得した勇飛さん(山梨学院大)。レスリング一家に育ち、兄の背中を追い、技と精神力を磨き続ける。若手の世界大会を制し、次は五輪の頂点を見据える。【佐野裕】

 4歳から勇飛さんのレスリングに打ち込む姿勢を目の当たりにすると引き寄せられるように、いなべレスリン…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  2. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
  3. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町
  4. 防衛省 にじみ出る不快感 レーダー照射問題
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです