メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北方領土

露が択捉島に戦闘機配備か

 【モスクワ大前仁】ロシア極東サハリンのメディア「サハリン・インフォ」は3日、ロシア空軍のスホイ35S戦闘機が北方領土の択捉島にあるヤースヌィ空港に試験配備されたと報じた。ロシア軍は近年北方領土での軍事力整備に取り組んでおり、その一環とみられる。

     9月中旬に日露首脳会談を控えていることから、領土問題での譲歩を嫌うロシア軍がけん制してきた側面もありそうだ。

     ロシア軍事情勢に詳しい小泉悠未来工学研究所特別研究員は、現地の空港について「戦闘機の駐機場は備わっておらず、滑走路に緊急発進用の待機所もないので、まだ本格的な運用態勢ではないと思う」と指摘。一方で空港周辺には未使用の土地があることから、機能を拡張していく可能性はあるという。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    4. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです