メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

山形・天童の将棋駒、生産なぜ復調? ふるさと納税活用 ブームも追い風=回答・松尾知典

6月の名人戦第6局で使われた最高級駒の「盛り上げ駒」=梅村直承撮影

 なるほドリ 将棋界では藤井聡太(ふじいそうた)七段が注目を集める中、将棋の駒もよく売れているようだね。

 記者 将棋駒の一大産地として知られる山形県天童(てんどう)市は、ピークの1980年に約4億7100万円もあった生産額が一時は4分の1程度に落ち込みました。しかし近年は約3億円と、低迷期の倍ほどに回復しました。ふるさと納税制度を生かした振興策や将棋ブームもあって活気を取り戻しています。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです