メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州

米イラン制裁に苦慮 7日再開、取引企業も対象

 【ブリュッセル八田浩輔、ロンドン矢野純一】米国のイラン核合意離脱に伴う制裁の一部再開が7日に迫る。米トランプ政権は米国だけでなく、イランと取引を続ける第三国の企業にも制裁を科す「2次制裁」に踏み切る方針だ。核合意を維持したい欧州側は、イランに進出する欧州企業を制裁から守るための対抗策を用意。しかし企業のイラン撤退の動きは食い止められず、瀬戸際の状況が続く。

 「欧州側が米国に対抗できる手段は限られている」。英王立国際問題研究所(チャタムハウス)の中東専門家…

この記事は有料記事です。

残り1558文字(全文1788文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 熱血!与良政談 改革後19年の惨状=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです