メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ニホンゴ」を話す村で

台湾タイヤル族/下 私の母語、今は自信に

 台湾北東部・宜蘭(ぎらん)県澳花(おうか)村出身の劉紹萱(りゅうしょうけん)さん(23)は幼いころ、自分が話している言葉はタイヤル語だと思っていた。それが別の言語だとはっきり自覚したのは隣町の中学に入学した時だった。

 隣町のタイヤル族の集落から進学してきた同級生たちが話すのはタイヤル語のはずなのに、それが全然聞きとれなかったのだ。澳花村では、日本語、タイヤル語、セデック語が接触することで日本統治時代(1895~1945年)に生まれた新言語「ニホンゴ」(宜蘭クレオール)が母語だからだ。

 「タイヤル語を話せないのにどうして『自分はタイヤル族だ』と言えるのか」。同級生にからかわれた。ショ…

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文1013文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る
  5. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです