メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貿易激震

米、中国をけん制 「トランプ氏は徹底的にやる」 報復関税

 【ワシントン清水憲司】クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は3日、「中国はトランプ大統領の徹底的にやるという決意を過小評価しない方が良い」と述べ、新たな報復関税の発動を打ち出した中国を強くけん制した。また、最近の人民元安は中国経済が弱まっている証しとの見方を示した。

 中国政府は3日、年間輸入額600億ドル(約6・7兆円)規模の米国製品に最高25%の追加関税を課す方針を発表した。トランプ氏が1日に対中制裁強化を表明したことへの対抗策で、米中の報復の連鎖が続いている。

 これを受け、クドロー氏はFOXビジネスなど複数のテレビ番組に出演し、トランプ氏の「決意」について「…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文724文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 日本橋 百貨店、新館・改装続々 外国人接客きめ細かく

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです