メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

故若松監督を映画化(その2止) タブーに挑み続け

「キャタピラー」でベルリン国際映画祭銀熊賞(最優秀女優賞)を受賞した寺島しのぶさんは若松孝二監督(右)からトロフィーを渡され「一生忘れない」と声を詰まらせた。左は共演した大西信満さん=大阪市で10年2月27日、山本晋撮影

 

 ◆若松監督 テーマ残し事故死

熱い志に仲間集結

 6年前、1本のベタ記事が「若松組」の人々に衝撃を与えた。

 <東京都新宿区内藤町の都道で12日夜、道路を歩いて横断していた映画監督の若松孝二さん(76)が左から来たタクシーにはねられ腰などを強く打ち、重傷を負っていたことが警視庁への取材で分かった>(2012年10月16日本紙夕刊)

 若松さんは事故直後からほとんど意識がなかった。さらに容体が悪化したと聞いた若松プロ出身の大日方教史…

この記事は有料記事です。

残り4972文字(全文5188文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです