メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 高齢者の膝痛がある人の割合(有病率)が地域によって3.9倍の差があるとの研究結果を千葉大予防医学センターの岡部大地医師、了徳寺大の浅田菜穂助教らの研究グループがまとめた。

 散歩や運動に適した公園や歩道、立ち寄れる施設があり、外出頻度が高い地域ほど発症は少なくなっていた。腰痛や骨粗しょう症も同様の傾向だった。これらの疾患は要介護になる原因とされており、研究グループは「高齢者が歩きやすい街づくりをして、予防に取り組んでほしい」と呼びかけている。

 高齢者の調査プロジェクト「日本老年学的評価研究」が2013年に横浜市など全国30市町村、延べ13万…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文763文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファシリティードッグ 子供の闘病支え9年 ベイリー引退
  2. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  3. 新在留資格 送還拒否の一部の国を除外 法務省方針
  4. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  5. 北九州 海外視察報告、複数市議がブログ写す コピペ否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです