メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『農山村からの地方創生』=小田切徳美、尾原浩子・著

 (筑波書房・1512円)

 「日本創成会議」が2014年5月に発表した896市区町村の「消滅可能性自治体リスト」。座長を務めた増田寛也元総務相の名から「増田ショック」と呼ばれ、地方創生が安倍政権の看板政策になった。

 同会議は東京一極集中を食い止めるため中規模の地方都市に「人口のダム」を築くことを提言した。言い換えれば、その上流にある農山村は消滅を宣告されたも同然である。現場には無力…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文481文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです