メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『原民喜 死と愛と孤独の肖像』 著者・梯久美子さん

梯久美子さん

 ◆梯久美子(かけはし・くみこ)さん

 (岩波新書・929円)

「魂の双子」のような出会い

 原爆文学の名作「夏の花」の作者に強くひかれた理由は、丸みのある文字で几帳面(きちょうめん)に綴(つづ)られた静謐(せいひつ)な遺書だったという。「美しく、透明感のある遺書を残した人が轢死(れきし)という凄惨(せいさん)な最期を選びました。でも、留学先のフランスでそれを読んだ親友の遠藤周作は『貴方(あなた)の死は何てきれいなんだ』と記しているのです」。広島市立中央図書館などで数通の遺書と向き合い、「時を超えて直接、その人の何かに触れる感覚」を味わった。

 原民喜(1905~51年)は夢や心象風景を内省的な小説や詩に描き続けた作家だった。「気が弱く、世間…

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文992文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問
  5. 東名あおり事故 遺族「なぜあの場所に停車させたか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです