メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『ゲンバクと呼ばれた少年』=中村由一・著

 (講談社・1296円)

 著者の中村由一さんは1942年、長崎市内で生まれた。2歳で原爆に被爆。大けがをし、記憶も失った。敗戦後小学校に入ると、さまざまないじめ、差別を受ける。「ハゲ」「カッパ」とあだ名を付けられた。さらには教員が率先して「ゲンバク」と呼んだ。信じがたい人権侵害だ。さらに、中村さんが被差別部落出身だったことから、差別は加速した。希望の就職ができず<部落出身者はど…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 武田・厚労省課長 韓国で逮捕 「韓国人嫌い」空港職員に暴行か
  2. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  3. 神奈川知事選 現職と新人の2氏が届け出 県政継続の是非が争点
  4. 大谷、イチローの開幕戦を夜更かし観戦
  5. 三重知事選 現職と新人の2氏が届け出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです