メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴルフ

ブリヂストン招待 松山37位に後退

 【アクロン(米オハイオ州)共同】ブリヂストン招待は3日、米オハイオ州のファイアストーンCC(パー70)で第2ラウンドが行われ、21位から出た松山英樹は3バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの72とスコアを落とし、通算1アンダーの139で時松隆光と並び首位と10打差の37位に後退した。

     イアン・ポールター、トミー・フリートウッドの英国勢とジャスティン・トーマス(米国)が通算11アンダーでトップ。小平智は2オーバーの53位、市原弘大は7オーバーの68位となった。

    前半つまずき失速

     ○…松山は前半につまずいた。1番はティーショットを左に曲げ、2番(パー5)はグリーンを狙った2打目が飛び過ぎ連続ボギー。7番(パー3)はグリーン左へ外したうえに3パットでダブルボギーをたたいた。「ショットもパットも不安定な中でのゴルフだった」と表情を曇らせた。【共同】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです