メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バドミントン

世界選手権 41年ぶり「金」確定 女子複、決勝は日本勢対決

男子シングルスで日本男子初の決勝進出を決めた桃田=AP

決勝、男子ペアも 園田・嘉村組

 【南京・共同】第6日は4日、中国の南京で各種目の準決勝が行われ、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)がマレーシア選手を2-0で降し、五輪、世界選手権を通じて日本男子で初の決勝に進んだ。日本勢は男女ダブルスを合わせた3種目で5日の決勝に臨む。

 男子ダブルスで前回3位の園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)は台湾ペアに2-0で快勝し、この種目の日本勢で初の銀メダル以上を決めた。

 女子ダブルスは前回銀メダルの福島由紀、広田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)と初出場の永原和可那、…

この記事は有料記事です。

残り1476文字(全文1730文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです