メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

からだ・こころナビ

骨髄移植など啓発強化へ NPOが特設サイト

 白血病など血液がんの治療法である、他人からの骨髄移植、末梢(まっしょう)血幹細胞移植、さい帯血移植は、「造血幹細胞移植」と総称される。

 毎年3500人を超える患者が移植を受けているが、骨髄バンクに登録した人からの提供はそのうち約3割にとどまっているのが課題だ。

 認定NPO法人キャンサーネットジャパン(東京)と神奈川県は、移植についての社会の理解を深めるため、「造血幹細胞移植の総合支援プロジェクト STARTTOBE(スタート・トゥ・ビー)」の特設ウェブサイトを公開した。

 患者や家族が安心して治療を受けられる環境を整備し、提供者(ドナー)がこの医療の意義や方法を十分に理…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです