メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

「『憲法教』に毒されず」 「誤解」余地ない毀損の言葉

松尾貴史さん作

 稲田朋美元防衛大臣がツイッターを始めて、1週間たたないうちに「炎上騒ぎ」が起きたそうだ。私はこのネット上の炎上自体は、何らかの評価を与えるに値しない現象だと考えるけれど、その元になったつぶやきというものは絶対に看過してはならない問題発言だ。

 それは、「日本会議中野支部で『安倍総理を勝手に応援する草の根の会』が開催され、私も応援弁士として参加しました。支部長は大先輩の内野経一郎弁護士。法曹界にありながら憲法教という新興宗教に毒されず安倍総理を応援してくださっていることに感謝!」というもので、こんなことを書く人物がついこの間まで日本の国防のトップに据えられていたということが恐ろしい。

 そもそも国会議員は、憲法99条によって憲法を尊重し擁護する義務が定められている。稲田氏の言動は、完…

この記事は有料記事です。

残り1084文字(全文1428文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 現場から逃げた男、熊本県内で身柄確保 鹿児島の中学生襲った容疑者か
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです