メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフト女子

上野、中国を零封 世界選手権第3日

 ソフトボール女子の世界選手権第3日は4日、1次リーグ10試合が行われ、日本(世界ランキング2位)は5-0で中国(同12位)を降し、3連勝とした。

 日本は一回、敵失の間に先制し、二回は山田(日立)の今大会2本目の本塁打の2ランで加点。上野(ビックカメラ高崎)、藤田(太陽誘電)の継投で中国を零封した。

36歳上野、右腕はまだまだ健在

 日本の絶対的エースがまたもや相手打線の前に立ちはだかった。開幕戦で4回を完璧に封じた上野が、今度は5回を1安打無失点…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文562文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  3. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  4. プロ野球 広島、マジック1
  5. サッカー デルピエロがFC岐阜にエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです