メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バドミントン

桃田、守備で相手のリズム崩す 初の決勝へ

バドミントン 世界選手権(4日)

 男子の日本勢で、初めて決勝への切符をつかんだ。シングルスの桃田はノーシードで勝ち上がってきたリューを寄せ付けなかった。持ち味の守備から崩し「相手のタイミングを外しながら自分のペースに持っていくことができた」と納得の表情を浮かべた。

 「上からのショットに切れがある。決まるとリズムに乗る」とリューを分析し、前日に右足首を痛めて万全ではない相手でも警戒心は緩めなかった。第2ゲームの5-3…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文523文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです