メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バドミントン

女子複決勝 攻守のバランスの日本人対決

バドミントン世界選手権

 女子ダブルスで決勝に進んだ日本の2ペアは、攻守にバランスがとれた穴が少ないプレーで勝ち上がった。決勝で日本勢同士がぶつかるのは、五輪と世界選手権を通じて初めてだ。

 福島、広田組は米元、田中組に快勝した。流動的にポジションを替え、レシーブ力のある相手に的を絞らせない。第2ゲーム。広田は後ろからの強打で19点目、ネットそばから角度のある球をたたき込んで20点目を決めた。福島は「広田が後ろからがんがん前に入ってきてく…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役
  2. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  3. 大阪・岸和田で工場火災 8棟約2600平米焼く けが人なし
  4. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  5. 全国高校eスポーツ選手権 大黒柱はLOL初の高校生プロゲーマー 初代王者狙う学芸大付国際

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです