メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バドミントン

女子複決勝 攻守のバランスの日本人対決

バドミントン世界選手権

 女子ダブルスで決勝に進んだ日本の2ペアは、攻守にバランスがとれた穴が少ないプレーで勝ち上がった。決勝で日本勢同士がぶつかるのは、五輪と世界選手権を通じて初めてだ。

 福島、広田組は米元、田中組に快勝した。流動的にポジションを替え、レシーブ力のある相手に的を絞らせない。第2ゲーム。広田は後ろからの強打で19点目、ネットそばから角度のある球をたたき込んで20点目を決めた。福島は「広田が後ろからがんがん前に入ってきてく…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文548文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
  2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
  4. 大阪地裁 たこ焼き店脱税、起訴内容認める 初公判
  5. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです