メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

1カ月 各地で黙とう 復旧へ決意新たに

8時15分に合わせて黙とうする警視庁の広域緊急援助隊員=広島県坂町小屋浦で2018年8月6日午前8時15分、柴山雄太撮影

 西日本を記録的豪雨が襲い、220人以上の命と住民の日常が奪われてから1カ月が過ぎた。濁流や土砂崩れにのまれた被災地では、今も行方不明者の捜索やボランティアらによる復旧作業が続く。被災者や自治体職員らは6日、一時その手を止め、犠牲者の冥福を祈った。【矢追健介、柴山雄太、宮原健太、木島諒子】

 岡山県庁では6日午前10時、32回目の災害対策本部会議が開かれた。冒頭、伊原木隆太知事をはじめ県幹部らが黙とう。県内で亡くなった61人に哀悼の意を示した。

 岡山県内では倉敷市を中心に被害が出た。同市真備(まび)町地区では堤防が決壊し、甚大な浸水が発生。多…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  3. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  4. 埼玉・春日部共栄の野球部監督が暴力行為
  5. 「日本反対の趣旨でない」北方領土引き渡し反対集会の主催者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです