メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

「国難」レベルの自然災害=永山悦子

 「1週間の断水は想像以上に大変でした。ちょっと手をすすぎたくても水がない。ペットボトルの水で洗うのも抵抗があるし。でも、この辺りは洪水の被害がなかったからましです」。泊まった広島県尾道市の老舗旅館で、経営者の女性は顔を曇らせた。

 図らずも、事前に計画した夏休みのルートが広島-愛媛-高知と西日本豪雨の被災地。訪れた7月下旬、川が氾濫した地域は土ぼこりが舞い、家財道具や商品といった災害ごみが積み上がっていた。「元の生活に戻れるのはいつかな」。そんな思いがこみ上げた。

 大阪北部地震、西日本豪雨、台風12号、そして酷暑と自然災害が続く。先日、作家の柳田邦男さんを取材し…

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文930文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです