メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

「国難」レベルの自然災害=永山悦子

 「1週間の断水は想像以上に大変でした。ちょっと手をすすぎたくても水がない。ペットボトルの水で洗うのも抵抗があるし。でも、この辺りは洪水の被害がなかったからましです」。泊まった広島県尾道市の老舗旅館で、経営者の女性は顔を曇らせた。

 図らずも、事前に計画した夏休みのルートが広島-愛媛-高知と西日本豪雨の被災地。訪れた7月下旬、川が氾濫した地域は土ぼこりが舞い、家財道具や商品といった災害ごみが積み上がっていた。「元の生活に戻れるのはいつかな」。そんな思いがこみ上げた。

 大阪北部地震、西日本豪雨、台風12号、そして酷暑と自然災害が続く。先日、作家の柳田邦男さんを取材し…

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文930文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飲酒運転で阪神高速逆走、正面衝突 4人軽傷被害 36歳男を逮捕
  2. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  3. 「介護しているのに文句ばかり」夫の口を塞ぐ妻を逮捕 容疑は殺人未遂 大阪
  4. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  5. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです