メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/223 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

その夜(58)

 五メートルほど先の左手に建つ立派な写真館が、タケシの目に飛びこんできた。鉄筋コンクリート造りで頑丈そうだ。両開きのガラス扉の取っ手は真鍮(しんちゅう)製で、人の手がふれるところだけぴかぴかに光っている。四角く張りだした入口のひさしは五十センチほどの奥行しかないが、コンクリート製だ。

「焼夷(しょうい)弾がきます。あそこの写真館に避難しましょう」

 タケシがそういうと同時に、直邦が空を見あげて叫んだ。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  2. 300キロ超大物クロマグロ 和歌山・那智勝浦
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 器物損壊 原爆ドーム前の慰霊碑に汚物? 広島中央署捜査 /広島
  5. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです