メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/223 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

その夜(58)

 五メートルほど先の左手に建つ立派な写真館が、タケシの目に飛びこんできた。鉄筋コンクリート造りで頑丈そうだ。両開きのガラス扉の取っ手は真鍮(しんちゅう)製で、人の手がふれるところだけぴかぴかに光っている。四角く張りだした入口のひさしは五十センチほどの奥行しかないが、コンクリート製だ。

「焼夷(しょうい)弾がきます。あそこの写真館に避難しましょう」

 タケシがそういうと同時に、直邦が空を見あげて叫んだ。

この記事は有料記事です。

残り713文字(全文920文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光 北アルプス新たに「黒部ルート」 24年に一般開放
  2. 赤痢菌 宿坊で42人感染 湯葉刺しなど食べる 山梨 
  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック
  4. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  5. ORICON NEWS 元祖プレイボーイ・火野正平に見る、芸能人モテ男のスマートな“火消し術”

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです