メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

このごろ通信

根生いの地について 水原涼(作家)

 鳥取出身の小説家は数えるほどしかいない。小説を好んで読むようになって改めて感じたのは、鳥取を舞台にした作品の少なさだ。その数は、東京はもちろん、他の地方都市とも比べものにならない。舞台やテーマは著者の自由だし、彼らにとって他の土地に追求すべき題材があったということだろう。だとしても、自分が少年期を過ごした街の風景に、何冊本を読んでも出会えないのはどこか寂しい。

 根生(ねお)いの地、という表現にはじめて触れたのは、二〇一二年に北海道立文学館で開かれた「李恢成(…

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文827文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  4. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです