メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

遺体へのまなざし

 520人が犠牲になった日航ジャンボ機墜落事故が起きた33年前の夏。法人類学が専門の東京歯科大教授、橋本正次さん(65)は、4カ月にわたって群馬県の体育館に並べられた遺体と向き合い続けた。骨や歯の特徴を調べて身元を確認するためだ。体の一部しかない遺体が多かった。

 身元確認の困難さとともに橋本さんの印象に強く残っているのが、遺体をまるで生きて…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文429文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです