メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柳に風

無知が生む偏見の罪=松井宏員

 若年性認知症の当事者や家族を取材した体験を、大学で社会福祉を学ぶ学生さんに話す機会があった。新聞記者として、というより、私自身が学びの連続だった経験から、コミュニケーションと言葉の力をテーマにした。

 認知症への知識がなかった私は、最初に当事者と会った時、「どう接したらいいんだろう」と迷った。これはつまり、特別な接し方が必要と思っていたということ。もっと言えば、「普通でない人」という意識があったのだ。

 ところが、お酒を酌み交わしながら話してみると、なにも特別なことなどなかった。普通に会話できたどころ…

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文904文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  5. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです