メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長だより

横浜ローザと沖縄=横浜支局長・山本明彦 /神奈川

 女優の五大路子さんが今年も、一人芝居「横浜ローザ」を演じる。戦後から1990年代にかけ、白塗りの化粧と白いドレスで横浜の街角に立ち、「ハマのメリーさん」と呼ばれた娼婦(しょうふ)をモデルにした物語だ。五大さんはライフワークとして、96年から公演を続けている。

 念願かなって米国での公演を成功させ、ニューヨーク・タイムズ紙に大々的に取り上げられたのは2015年。それに先立ち、五大さんは沖縄での公演を実現すべく、現地を訪れた。最初は歓迎ムードだった沖縄の人たちは、五大さんが「ローザ」の物語を説明するうちに、表情を曇らせていった。最後にはっきり、こう言われ…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文697文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです