メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーマン・ミネタ元米運輸長官

誤り認め、正すのが米国 「日系人強制収容再現」警鐘 公式謝罪求めた2世元議員

ノーマン・ミネタ元運輸長官。後ろはミネタ氏が収容されたハートマウンテンの強制収容所の写真=米ロサンゼルスの全米日系人博物館で2018年8月4日、ルーベン・モナストラ撮影

 【ロサンゼルス長野宏美】米政府が第二次大戦中の日系人強制収容の誤りを認め、公式に謝罪してから10日で30年になる。謝罪につながる法律「市民の自由法(強制収容補償法)」成立に尽力した日系2世のノーマン・ミネタ元運輸長官(86)が毎日新聞のインタビューに応じた。「誤りを認め、正すことができるのが米国の偉大さだ」と語り、トランプ米政権下で排外的な政策が進む現状にくぎを刺した。

 1941年12月の旧日本軍による真珠湾攻撃の時、ミネタ氏は10歳だった。温暖なカリフォルニア州で暮…

この記事は有料記事です。

残り868文字(全文1105文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔
  5. さくらももこさん 声優ら参列し「ありがとうの会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです