メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「野ウサギの親子の姿を見たこともあるんです」と話すいわむらかずおさん=栃木県那珂川町のいわむらかずお絵本の丘美術館で、坂根真理撮影

 猛暑で疲れ気味の夏休み。絵本美術館で日ごろの疲れを癒やしてはどうだろう。美しい絵本の原画の世界を堪能し、併設されているカフェの窓から美しい風景を眺めれば、心も体もリラックスできるはず。首都圏近郊の絵本美術館を訪ねた。

 ●自然に囲まれて

 東京から新幹線とレンタカーを利用して約2時間。栃木県那珂川町にある「いわむらかずお絵本の丘美術館」に到着すると、早速トンボがお出迎え。空を見上げると国蝶(こくちょう)のオオムラサキが舞っていた。豊かな自然に囲まれた美術館の館長は、野ねずみ一家の日常を描いた絵本「14ひき」シリーズ(12冊、童心社)を生み出した絵本作家のいわむらかずおさん(79)だ。

 「昆虫やリスやムササビに出合ったり、農場で種まきや収穫をしたりという実体験は、子どもたちにとって心…

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1241文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 黒部ダムカレー 愛され10年 年間5.7万食売り上げ
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. クックパッドニュース [作ってみた]話題の「ダムカレー」は〇〇を使えば簡単にできた!!
  4. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  5. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです