メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

「心の花」120年=酒井佐忠

 佐佐木幸綱の歌誌「心の花」が創刊120年になった。1898年(明治31年)、佐佐木信綱が創刊。俳句では「ホトトギス」が発行所を東京に移し高浜虚子による発行が始まった年だ。詩歌誌の驚くべき長い歴史を感じる。7月28日、東京で「心の花」記念大会と祝賀会が盛大に開かれ、同時に充実した記念号が刊行された。「心の花」が主題に選択したのは「新しさは何か」。伝統を踏まえつつ現代短歌の先端をゆく歌誌らしいテーマである。

 大会では馬場あき子をゲストに佐佐木幸綱と俵万智という豪華メンバーによる座談会。佐佐木信綱から戦後の…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文576文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  2. 雑記帳 サッカー元イタリア代表FW、デルピエロ氏…
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 大村益次郎 没後150年 生誕地に砂で20メートル家紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです