メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豪州北部準州

動植物の圧倒的生命感 トップエンドの魅力

口を開けて体温調節をしているクロコダイル(淡水ワニ)=豪州・ノーザンテリトリーのカカドゥ国立公園で、藤井達也撮影

壮大な自然と先住民アボリジニの文化が息づき

 壮大な自然と先住民アボリジニの文化が息づくオーストラリア北部のノーザンテリトリー(北部準州)。中でも「トップエンド」と呼ばれる海寄りの地域は、動植物の宝庫として知られている。観光のベストシーズンは乾期の5月から10月。ノーザンテリトリー政府観光局の協力で訪れた。

 トップエンドを訪れる観光客の多くが目指すのはカカドゥ国立公園だ。豊かな自然と先住民文化が評価され、…

この記事は有料記事です。

残り1170文字(全文1373文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです