メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豪州北部準州

動植物の圧倒的生命感 トップエンドの魅力

口を開けて体温調節をしているクロコダイル(淡水ワニ)=豪州・ノーザンテリトリーのカカドゥ国立公園で、藤井達也撮影

壮大な自然と先住民アボリジニの文化が息づき

 壮大な自然と先住民アボリジニの文化が息づくオーストラリア北部のノーザンテリトリー(北部準州)。中でも「トップエンド」と呼ばれる海寄りの地域は、動植物の宝庫として知られている。観光のベストシーズンは乾期の5月から10月。ノーザンテリトリー政府観光局の協力で訪れた。

 トップエンドを訪れる観光客の多くが目指すのはカカドゥ国立公園だ。豊かな自然と先住民文化が評価され、…

この記事は有料記事です。

残り1170文字(全文1373文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです