メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イオンの鷲澤忍アセアン事業担当(右から5人目)と各国の学生ら=クアラルンプールのマラヤ大学で2018年8月5日、明珍美紀撮影

 【クアラルンプール明珍美紀】「熱帯雨林からの贈りもの」をテーマにマレーシアで開かれていた「アジア学生交流環境フォーラム」(主催・イオン環境財団、後援・毎日新聞社、中国青年報社、朝鮮日報社、トイチェ社、コンパス紙など)の成果発表と閉講式が5日、マラヤ大学で行われた。

 参加した9大学の学生たちは期間中、開発や農地への転換…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文401文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  3. 拉致問題 「めぐみちゃん」心の支え 横田滋さん入院生活
  4. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  5. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです