メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆

第二中の同期生みな犠牲 今も負い目消えず

犠牲となった広島二中1年生の最期をつづった「いしぶみ」を読み返す溝上泰さん=広島県尾道市の自宅で7月

元鳴門教育大学長の溝上さん 3カ月前に転校、難逃れる

 73年前の広島への原爆投下で、建物疎開作業に動員された1年生321人が犠牲になった広島第二中学校(現広島県立広島観音高校)。一時在籍した元鳴門教育大学長の溝上泰さん(86)=広島県尾道市=はその3カ月前に転校し、難を逃れた。同級生のほぼ全員を失い、自身は生き残った負い目を感じながら、また夏を迎えた。

 溝上さんは広島市内の国民学校を卒業し1945年4月、「二中」に入学。胸弾む思いで迎えた新生活だが、…

この記事は有料記事です。

残り936文字(全文1163文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  4. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです