メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バドミントン

感謝と進化見せた 金の桃田が新たな歴史

バドミントン世界選手権・男子シングルス(5日)

 最後は桃田賢斗(NTT東日本)の打ったシャトルがネットに触れ、相手側のコートにぽとりと落ちた。不祥事から復帰したシングルスのエースが、日本男子の新たな歴史を刻んだ。

 3年前は立てなかった決勝の舞台で、当時とは違う自分を見せた。攻撃的なショットが持ち味の石宇奇に対して、守備でリズムをつくった。1ゲームを先取して迎えた第2ゲームの12-7。右への強打に食らいついた直後、左に再びスマッシュがきた。体を…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文558文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです