メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バドミントン

女子複の永原・松本、4番手から栄冠 

バドミントン世界選手権・女子ダブルス(5日)

 福島のショットが外れ、1時間35分の激闘に終止符が打たれた。抱き合って喜ぶ永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)。日本勢が4強のうち3組を占めた女子ダブルスは、大会前は日本の4番手とみられていた初出場の若い2人が制した。永原は「勝って初めてうれし涙を流せた」とタオルを目に押し当てた。

 2年連続決勝進出の福島、広田組を相手に一歩も引かなかった。1ゲームずつを取り合って迎えた最終ゲーム…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文525文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  2. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  3. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 一日警察署長 交通ルール守ってね AKB48・永野さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです