メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バドミントン

女子複の永原・松本、4番手から栄冠 

バドミントン世界選手権・女子ダブルス(5日)

 福島のショットが外れ、1時間35分の激闘に終止符が打たれた。抱き合って喜ぶ永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)。日本勢が4強のうち3組を占めた女子ダブルスは、大会前は日本の4番手とみられていた初出場の若い2人が制した。永原は「勝って初めてうれし涙を流せた」とタオルを目に押し当てた。

 2年連続決勝進出の福島、広田組を相手に一歩も引かなかった。1ゲームずつを取り合って迎えた最終ゲーム…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文525文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日本テレビ イッテQ疑惑で大久保社長謝罪 祭り企画休止
  3. 日本テレビ イッテQやらせ疑惑で不適切演出認める
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです