メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PGA Tour

[速報]パットナムが通算47ポイントで勝利(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

バラクーダ選手権 最終日

アンドリュー・パットナムが5バーディ、1ボギーで9ポイントを加算し、通算47ポイントで勝利を手にした Photo by Marianna Massey/Getty Images

PGAツアー第41戦 バラクーダ選手権/ネバダ州 モントリューG&CC

 リノ(ネバダ州)で開催されたバラクーダ選手権。日本人選手は出場しなかった。今大会はモディファイド・ステーブルフォード形式で開催された。

 モディファイド・ステーブルフォード形式とは、イーグルが5ポイント、バーディが2ポイント、ボギーが-1ポイント、ダブルボギー以下が-3ポイントで加算し、最もポイントが多い選手が勝者となる。

 イーグルやバーディに多くの加点が配されているため、ストロークプレーよりも攻撃的なプレーが発揮される試合形式だった。

MORE:バラクーダ選手権の最新スコアはここをクリック!

 優勝したのはアンドリュー・パットナム(米国)。通算38ポイント単独首位で最終日を迎え、5バーディ、1ボギーで9ポイントを加算。通算47ポイントで勝利を手にした。

 首位と4ポイント差の通算43ポイント2位に、チャド・キャンベル(米国)が入った。

 首位と10ポイント差の通算37ポイント3位タイに、ジョン・オダ(米国)とJ.J.スパウン(米国)の2人が並んだ。

 前年覇者のクリス・ストラウド(米国)は、通算26ポイント7位タイで最終日を迎え、6バーディ、4ボギーで8ポイントを加算。通算34ポイント7位タイだった。


情報提供:PGA Tour

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. スバルが国内生産停止 ハンドル補助装置に不具合
  3. 女子中学生が意識不明 殺人未遂容疑で母親を逮捕 前橋
  4. 質問なるほドリ アフターピルって何? 望まぬ妊娠から女性守る 高額、入手に手間=回答・中川聡子
  5. 工事図面に高圧幹線記載なく 切断で停電 大阪・高槻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです