メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 沼口麻子さん 誤解なくしてほしい

 ■ほぼ命がけサメ図鑑 沼口麻子(ぬまぐち・あさこ)さん 講談社・1944円

 「人食いザメ」との闘いを描いた映画「ジョーズ」などの影響もあり、「サメは怖い」というイメージは根強い。しかし、一口にサメと言っても巨大なジンベエザメから手のひらサイズのツラナガコビトザメまで509種が存在し、人に危害を加えない種も多い。著者はサメを専門にするシャークジャーナリスト。自らの取材を踏まえてサメに対する誤解や偏見をなくすために書かれたのが本書だ。

 「ほとんどのサメは危なくない。ましてや『人食いザメ』など存在しない」と断言する。サメが意図的に人を…

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文920文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  2. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  3. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  4. 地域ブランド調査 やっぱり函館が一番魅力的 北海道「都道府県」では10連覇
  5. 寝屋川中1殺害 被告、核心語らず 検察側「難しい裁判」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです