メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

ピックアップ 「骨を弔う」ほか

 ■骨を弔う(宇佐美まこと著・小学館・1728円)

 小学5年の時、理科準備室の骨格標本を山に埋めた5人の子どもたち。住んでいた地域は市の公園になり、引っ越しで疎遠になって30年。思わぬ場所から骨格標本が出てきたという新聞記事をきっかけに、埋めた時のことを思い出そうとする。あの頃、周辺で何があった? 著者と同名の作家を登場させる構成も巧みなミステリー。(内)

 ■西洋骨董鑑定の教科書(ジュディス・ミラー著、大浜千尋訳・パイ インターナショナル・3888円)

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文516文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米「ソウルの女王」 アレサさん危篤 グラミー賞18回
  2. 山口2歳児不明 ドローンも使い捜索も手がかりなく
  3. 2歳児不明 150人態勢で捜索再開 山口・周防大島
  4. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島
  5. 大阪府警 富田林署から勾留中の容疑者が逃走

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです