メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

ピックアップ 「骨を弔う」ほか

 ■骨を弔う(宇佐美まこと著・小学館・1728円)

 小学5年の時、理科準備室の骨格標本を山に埋めた5人の子どもたち。住んでいた地域は市の公園になり、引っ越しで疎遠になって30年。思わぬ場所から骨格標本が出てきたという新聞記事をきっかけに、埋めた時のことを思い出そうとする。あの頃、周辺で何があった? 著者と同名の作家を登場させる構成も巧みなミステリー。(内)

 ■西洋骨董鑑定の教科書(ジュディス・ミラー著、大浜千尋訳・パイ インターナショナル・3888円)

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文516文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. プロ野球CS 広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目
  3. 山陽新幹線 姫路駅で人身事故 新大阪-博多運転見合わせ
  4. 警視庁 「リアルナンパアカデミー」塾長を再逮捕
  5. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです