メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あした元気になあれ

Tsundoku=小国綾子

米国などでベストセラーとなった絵本「翻訳できない世界のことば」にも、日本語の「TSUNDOKU(積ん読)」が紹介されている=小国綾子撮影

 「積ん読」という日本語の絶妙な言い回しが、「Tsundoku」として英BBCのウェブサイトの記事(7月30日付)に紹介され、話題になっている。

 記事では「積ん読」の定義や由来を説明し、似た英単語「ビブリオマニア(蔵書癖)」とも比較。それによると「ビブリオマニア」は本のコレクションを作るのが目的で本を買い集めるが、「積ん読」は逆に本を読む目的で買い集め、結果的にコレクションができちゃうこと、なんだそうな。

 今は読めないけど見えるところに積んで、「いつか読むぞ」と思うこの感じ。言い表す英単語はなくても思い…

この記事は有料記事です。

残り709文字(全文963文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです